転職成功者が語る。食品と外食専の仕事アドバイス/商品開発 メニュー開発 食品営業 品質管理 栄養士 マーケティング バイヤー パティシエ 菓子  給食調理 店長
フードビジネスサービスINDEX フード業界求人情報
仕事ガイド
成功者ファイル
会社案内
サイトマップ
Q&A



居酒屋チェーンで有名な企業に入社した臼倉さえこさん。飲食業界の本社MDとして入社、前職では酒類営業経験5年のご経歴です。親しみやすい笑顔の中にもアグレッシブな性格を感じさせるトークセンス。生き生きとした表情の中にも、転職後の充実した仕事ぶりが表れていらっしいます。飲食業界に飛び込んで、ようやく職場の環境にも慣れてきたところだという臼倉さんにお話を伺いました。

臼倉 さえこさん  / 営業から居酒屋チェーン MD

大学の人文学部を卒業後、中堅酒類卸会社に5年勤務。百貨店営業担当時には、オリジナル商品の企画・売場プロモーション提案・新商品開発・その後の販売促進活動まで幅広く活動。メーカーと百貨店の間に立ち、双方がプラスとなるような提案を心がけてきた。 業務用の酒販店営業担当に異動後は、酒販店の営業担当に対する商品提案の他にも、料飲店を直接訪れて現場の意見をリサーチし、その店舗によりマッチした企画・提案を試みてきた。
清酒・焼酎に関しては基礎知識を学んだり、年間200種類以上をテイスティングする他にも、実際に蔵元を訪問して造りの現場を体感したりと、常に自身の仕事に打ち込んできた様子。在職中に”利き酒師”や ”ワインアドバイザー”の資格も取得。現在は鮮魚飲食チェーンの本社MDグループで、紅一点。なくてはならない存在感を出している。

現在は具体的にどのような仕事をしているのですか?

今は主に国内外19店舗のメニュー分析やデータ分析を、マーケティングの一貫としてまとめています。
はじめは関数計算などのPCスキルもありませんでしたが、周りの方に仕事を教わりながら身につけました。分析後のいろいろな角度からのデータの見方も分かってきて、面白さを感じ始めている所です。分析後の出品ランキングを見ていると、上位に来るものは大抵、特に素材に力を入れているものや、店舗として力を入れているメニューになっていて ”お客様はよく見ていらっしゃるなぁ”と実感します。
その他に新メニュー作成や試作・試食会にも参加しています。試作はプロの職人が担当しますので、私は盛付け方の提案などしかできていませんが(笑)。試食のジャッジ時は独特の緊張感があるのでとても刺激的です。

楽しそうですね。臼倉さんはMDの中でも販促物の窓口にもなっているとのことですが?

メニューブックだけでなく、リーフレットや販促ツールも含めて一貫して取りまとめる担当をすることになりました。
データ分析の仕事が一段落したら、もっと現場を見る機会を増やして、より各店舗に合った提案をしていきたいですね。

新しい労働環境はいかがですか?

サービスのプロ、鮮魚のプロに囲まれて、毎日良い刺激を受けています。上司も私に何をして欲しいのか明確に指示してくださるので、大変仕事のしやすい環境です。ストレスは・・・今は・・・データ分析の作業がなかなか進まない自分のスキルのなさぐらいですね(笑)。
残業・休日の条件面は、就職前にフードビジネスサービスの担当者に確認をしておいて頂いたものの飲食・外食業界のMDは休日出勤は当然と覚悟をしていましたが、今のところはそうでもありません。これから忙しくなってくるんだと思います。残業も個々の仕事のペースで必要に応じてする感じです。

フードビジネスサービスに登録しようとしたきっかけを教えてください。

もともと30歳くらいまでには"食"に関わる仕事に足を踏み入れておきたいなぁと思っていまして。転職活動の情報収集をインターネットで探していたところ、フードビジネスサービスのHPを見つけました。
自分の履歴を登録しないと、求人情報の詳細が見られない点や他の転職サービス会社では扱いのなかった情報が多く載っていて、信用ができる会社なのでは !? と迷わず登録しましたね。

転職における会社選びは重要ですものね。登録後、実際に面接をされた感想は?

第3者でないと、なかなか自分自身を客観視できないものです。担当コンサルタントとの面接をして、今までの経験など掘り下げて話し進めていくうちに、クリアに見えてきた部分もありました。あ、こんな部分が転職時に、自分の武器になるんだな・・と。
そして私の場合は、”食”に関わる仕事がしたいとは思っていたものの、食材についての知識はまだまだ勉強不足だったので、フードビジネスサービスさんの様に幅広く外食産業・飲食業界の人材バンクとしての実績がなければ、MDとして紹介して下さらなかったのでは?と感謝しています。 酒類 の基礎知識・流通ルートの知識、といった前職での経験もプラスになったのではないかと思います。

求人企業側が求める女性MDとして、臼倉さんのフィーリングが合っていたんですよ。実際に女性MDとして働かれていかがですか?

グループ会社には長年、女性MDとして活躍されていた方をはじめ、バリバリと仕事をこなす女性社員が多いこともあって、女性ならではの意見も聞き入れてもらいやすい雰囲気があります。そういった面は、これまで頑張ってこられた先輩のおかげだなぁと大変感謝しています。
当社の飲食チェーンはリピーター率が高く、ありがたいことに常連のお客様が非常に多いです。今後はさらに多くのお客様に、まだまだ伝え切れていない魅力を知っていただけるようにしていきたいです。また、現在は男性のお客様が圧倒的に多いので、今後は女性のお客様にももっとご来店頂きたいですね。

これから転職される方にアドバイスお願いします。

一人一人、転職の条件は幾つかあるとは思いますが不動産屋で部屋探しをする時と状況は似ているのではないかと思っています。ここだけは譲れないという点を明確にするとしぼりやすくなってくるかと思います。
信用できるコンサルタントの転職アドバイスを聞き入れてみる、ということも大切なのではないでしょうか。

臼倉さんの今後の目標をお聞かせ下さい。現在は具体的にどのような仕事をしているのですか?

今は主に国内外19店舗のメニュー分析やデータ分析を、マーケティングの一貫としてまとめています。
はじめは関数計算などのPCスキルもありませんでしたが、周りの方に仕事を教わりながら身につけました。分析後のいろいろな角度からのデータの見方も分かってきて、面白さを感じ始めている所です。分析後の出品ランキングを見ていると、上位に来るものは大抵、特に素材に力を入れているものや、店舗として力を入れているメニューになっていて ”お客様はよく見ていらっしゃるなぁ”と実感します。
その他に新メニュー作成や試作・試食会にも参加しています。試作はプロの職人が担当しますので、私は盛付け方の提案などしかできていませんが(笑)。試食のジャッジ時は独特の緊張感があるのでとても刺激的です。

楽しそうですね。臼倉さんはMDの中でも販促物の窓口にもなっているとのことですが?

メニューブックだけでなく、リーフレットや販促ツールも含めて一貫して取りまとめる担当をすることになりました。
データ分析の仕事が一段落したら、もっと現場を見る機会を増やして、より各店舗に合った提案をしていきたいで5>

お店の魅力を幅広く伝えていくことがまず大きな目標。個人的にはこれまでの経験とこれから学べる環境を活かし、料理とお酒のトータル提案がきちんと出来るようになりたいです。そしてその結果、お客様の満足度がアップするよう努力していきたい。スペシャリストに囲まれた中で、できる限りの事を吸収し、良い素材・良いお酒への知識を増やし、自分で考え→行動できるようになりたいですね。 また、希望する食の企画に携わる仕事に就けたので 、自分自身の生活とのバランスをとりながら長く携わっていきたいなと思っています。

ありがとうございました。臼倉さんの今後のご活躍を期待しております。

企画制作/株式会社フードビジネスサービス



食の転職サイト|転職者成功が語る


| HOME食品産業と外食の求人 | 転職ガイド成功者ファイルサイトマップ会社案内個人情報