転職成功者が語る。食品と外食専の仕事アドバイス/商品開発 メニュー開発 食品営業 品質管理 栄養士 マーケティング バイヤー パティシエ 菓子  給食調理 店長
フードビジネスサービスINDEX フード業界求人情報
仕事ガイド
成功者ファイル
会社案内
サイトマップ
Q&A



おっとりとした暖かい笑顔の下に、食に対する熱い情熱を秘めた川開さん。自分のやりたい事を日々精一杯する事に喜びを感じてるという。毎日が楽しくて仕方がない。この幸せをお客様の笑顔でもっともっと充実したものにしたい。そう熱く語る川開さんの職場に伺いました。

川開 歩さん /フードコーディネーター 美容室系カフェ開発


富山県出身。インテリア専門学校卒業後、店舗デザインを志て全国チェーン展開の有名カフェブランド企業に入社する。京都での店舗実習を行ううちに、もともと好きだったフードへの思いが強固となっていった。しかしながら、マニュアル通りのスタイルに自分との開きを感じて退社。もっと自分の技術を磨き、お客様の笑顔が見たい!という思いが強くなり、チェーン展開するクッキングスクール講師に転身。 一番多忙な札幌支店へ自ら志願して赴任し、会社の期待以上の営業成績を残した。そんなクッキングスクールでの仕事は毎日が充実していたが、「もっと自分を成長させたい!もっと自分を試したい!」との欲求から再度転職を決意。
現在は東京の店舗で、フードコーディネーターとして、デザートメニューを試作提案し、日々意欲を掻き立てられる毎日であるという。 富山を出てから京都、札幌、東京と転居を重ねているが、「自分の夢の実現のためならどこにでも行きます」と笑う。

お久しぶりです。お仕事にはもう慣れましたか?

はい。と言うか、最初から違和感なく現場の雰囲気に入れたんです。
他のスタッフがとてもいい人達でしたし、何より『食』に対しての同じ思いがあったからだと思っています。このお店のメニューは、全てこのお店のスタッフで考え試作し、「もっとこうしたほうがいいんじゃない?」「こうしたほうがよくなるよ」と意見を出し合って決めているんです。全員が、食材に対して知識や調理技術をもっているので、『食』という共通語で話せる、ということは私にとって本当に幸せな環境だと思っています。
それでなくても私はとても人見知りしてしまうほうなので・・・。あっ、でも、迎え入れる側なら大丈夫なんですよ。お客様とお話するのはとても楽しいですしもっともっと私たちの考えたメニューを多くの方に食べていただきたいと思っています。

今のお仕事はメニューを作ることなんですね。どんな苦労がありますか?

今は、デザートメニューの開発を担当させてもらっています。
小麦粉に卵に・・・と一からレシピ、マニュアルを作ってマネージャーに提案するんです。入社した時には、オーブンとかハード面が整ってなかったので、作ると言ってもなかなか大変だったんです。でも、型や器具も少しづつ揃えていって今は一通りの物は作れるようになりました。
原価を考え、手間隙かからないように、誰でも作れるように、そして何よりもお客様が美味しいと思ってくださるようにと考えて作るのはとても大変なことなんです。それに今は小麦粉や、バター、生クリームの乳製品、卵までもが高騰していますから・・・。今までの原価を維持しながらも味の質は落としたくはないですからね。

それが川開さんのやる気に火をつけるんですね。マネジャー仰っていましたよ、「川開は蚤の心臓、でもハートは熱いんです」って(笑)

そんなことないですよ!(笑) とにかく、ひとつ提案するとスタッフから意見が返ってくるんです。それが私にとってとても勉強になることなんです。それにここはお客様の反応を自分ですぐに確認できますから。
今の悩みは、残念ながらやはりフード比率が高くてデザートの出数が低いということです。せっかく作ったのですからやはりもっともっと多くの人に食べていただきたい、そう思ってしまうんです。ちょうど今はキャンペーン期間中で、美容室をご利用になったお客様にケーキのサービスをしているんです。女性のお客様が多いですし、この機会に味を知っていただき、美味しいと思ったお客様が次回はお茶をしに来ていただけたらいいですけどね。

このお店は美容室、トリミングサロン、カフェとが一体になっている店舗ですけど、 入社する際に抵抗はあり ませんでしたか?

全くありませんでした。もともとは美容室の企業で、その美容室には専門の技術を持ったスタッフがいて、トリミングサロンはトリミングのプロが、私は同じ企業でも、カフェのメニュー開発ができるというお話で入っていますし、カフェのスタッフはそのプロ達です。美容師になりたいのに、カフェに配属させられたわけではないんです。
まだ、二店舗しかないカフェですけど、会社もスタッフを信頼して任せてくれていますし、私たちを試していると思うと頑張らなくては!!と思っています。

会社やスタッフとの信頼関係が構築されているようですね。面接の時から意気投合していたのですか?

先ほども言いましたが、私は人見知りしてしまうので、今となって考えるとよく入社させてもらったな〜って思えるくらいです。本当に頭の中が真っ白で何を話したのか記憶にないんですよ。(笑)でもデザートの話だけは私の気持ちをきちんと話せ、また社長もその話を真剣に聞いてくれたんです。思いが通じたというのか、方向性のベクトルが同じ向きだったというのか、とにかく、ここでなら私のやりたかった仕事ができる、そう感じたんです。

今までのお仕事も、川開さんの雰囲気に合っている企業のように思われますが、なぜ転職を考え、その際に弊社を使ったのはどうしてなんでしょうか。

確かにすごい不満があったわけではなかったんです。最初のカフェは憧れのカフェでしたし、それなりに楽しかったんです。でも、本部から送られてくるマニュアル通りの仕事をしなければならなかったことは、やはりその時の私にとっては不満だったのだと思います。もっとこうしたいのに!そう思っても勝手に変えるわけにはいかないですからね。自分のアイデアを形にしたい、自分の技術を磨きたい、そう考えて次のクッキングスクールに転職したんです。
このスクールでの仕事は楽しかったです。生徒さんたちが少しずつ少しずつ成長していく姿を見るのは、本当に私自身の喜びでもありました。小さなお子さんから80代のお年寄りまで幅広い年齢の方とお話もできました。
でもまた思い出してしまったんです。私は自分自身も成長したいんだって。でも、私は専門の学校を出たわけでもなく、経験だってあるわけではない。そんな私に何ができるんだろう・・・。しかもその時、私は北海道に赴任していました。そんな地方にいながら就職活動なんてできるわけないですよね。そんなどうしようもない思いを抱えながら、行動に移すこともままならない時、インターネットをいじっていたら、FBSのサイトが出てきたんです。
転職すると決意したわけでもなく、なんとなく、と言った感じでしょうか、とりあえず登録してみたんです。案の定、今は案件はないですとの返事。やっぱりって感じでした。でもその後も、担当のコンサルタントの方が、ずっと親身に相談にのってくれたんです。私自身が曖昧な状態だったのに、背中を押してくれてトントン拍子でこの会社に決めることができたんです。

そう言っていただいてありがとうございます。最後に川開さんの将来の目標と、転職を考えている方々に一言お願いできますか。

今はフード比率がとても高いんです。ですからこれからは、デザートを食べにこの店に来ていただきたいですね。私のデザートを食べるためにこお店に来ていただけるお客様が少しづつでいいから増えていくこと。それが今の目標でもあり、これからもそれを目標に頑張っていけると思います。
今後転職を考えている方はたくさんいると思うのですけど、諦めてはいけないと思います。資格があるとかないとかではなく、この仕事がしたいと思ったらとにかく諦めなければ道は開けると思います。

のんびりしているように見えて、いざとなるととても情熱的で行動的な川開さんでした。今後もご自身の技術を磨きながら、お客様の笑顔を増やしていってください。今後益々のご活躍をお祈りしております。

企画制作/株式会社フードビジネスサービス



食の転職サイト|転職者成功が語る


| HOME食品産業と外食の求人 | 転職ガイド成功者ファイルサイトマップ会社案内個人情報